終了
木島櫻谷 四季の金屏風 -京都画壇とともに-
開催期間
2021.09.112021.10.24
開催場所
泉屋博古館(京都・鹿ヶ谷)

近年再評価の高まる日本画家木島櫻谷(1877-1938)は、明治から昭和にかけて京都の重鎮として全国的に活躍しました。その最も充実していた大正時代の半ば、住友家からの依頼で、大阪天王寺の壮麗な近代和風の新本邸を飾るため制作したのが、四双の金屏風です。

柳桜、燕子花、菊花、紅梅と四季それぞれの花が彩るその連作は、古典を踏まえつつも、若い頃から研鑽した写生の技、そして優れたデザイン感覚が発揮されています。文展では上位入選の常連で若くして審査員に列せられた櫻谷ですが、展覧会出品作とはまた別趣の、抑制されたなかに典雅で洗練された近代的美意識を感じさせます。京都の中心地室町に生まれ育ち、美術工芸が暮らしに溶け込む上質な生活文化を知り尽くした彼のもうひとつの本領をここにみることができます。

本展では四季屏風を一挙に展示、加えて櫻谷と彼を育んだ江戸から近代に続く京都の画家の作品を住友コレクションのなかからご紹介します。

ココがポイント!

新たに寄贈された櫻谷作品にもご期待ください!

主な展示品

インフォメーション

展覧会名
木島櫻谷 四季の金屏風 - 京都画壇とともに -
展示のみどころ
本展覧会のみどころはこちら
会期
2021年9月11日(土)~ 10月24日(日)
休館日
月曜日(9月20日は開館)、9月21日(火)
開館時間
午前10時 ~ 午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場
泉屋博古館(京都・鹿ヶ谷)
主催
公益財団法人泉屋博古館、京都新聞
後援
京都市、京都市教育委員会、京都市内博物館施設連絡協議会、公益社団法人京都市観光協会、NHK京都放送局
相互割引
〔京都東山 美術館さんぽ〕
本展の半券提示で一般入館料800円が700円になります。

野村美術館
「深まりゆく秋 -初秋・晩秋の取り合せ-」
前期:9月11日(土)~ 10月24日(日)/後期:10月26日(火)~ 12月5日(日)
イベント
*すべて入館料のみでご参加いただけます。
*予約制、受付開始 8/25 10時~(先着順)ホームページ/電話075-771-6411

スペシャル・トーク「京の暮らしと屏風の美」
10月9日(土)
18時~19時30分
講師:杉本歌子氏(奈良屋記念杉本家保存会 学芸部長)
定員:20名(要予約)


オウコク・トーク!「京のまちが育てた櫻谷-その交流と美意識」
9月18日(土)
14時~15時
講師:実方葉子(当館 学芸部長)
定員:40名(予約優先)


オウコク・トーク!「京都日本画のオウコク」
9月28日(火)
14時~15時
講師:野地耕一郎(泉屋博古館東京 館長)
定員:40名(予約優先)


オウコク・トーク!「素材と技法から読み解く櫻谷の屏風」
10月13日(水)
14時~15時
講師:実方葉子(当館 学芸部長)
定員:40名(予約優先)


同時開催「中国青銅器の時代」「泉屋ビエンナーレ2021 Re-sonation ひびきあう聲」スライド列品解説
9月19日(日)
14時~15時
解説:山本 尭(当館 学芸員)
定員:40名(予約優先)
入館料
一般800円 高大生600円 中学生以下無料
  • 本展覧会の入場料で青銅器館もご覧いただけます
  • 20名以上は団体割引20%、障がい者手帳ご呈示の方は無料
お問い合わせ
お問い合わせフォームからお願いいたします