終了
はなやか秋のしつらえ ― 邸宅を飾った近代美術と テーブルウェア
開催期間
2016.09.032016.10.23
開催場所
泉屋博古館(京都・鹿ヶ谷)

本展では住友家に伝わった明治以降の近代絵画と工芸作品を中心にご紹介します。

明治以降の日本美術は、新しい西洋文化と、伝統的な中国、日本文化が競合し、また融合して多様な展開を見せることとなります。そして作家達は、その中から自らの美意識に適うものを選び取って優れた作品を次々に発表していきました。本展では、そうした作家達の作品として、日本画では木島櫻谷、洋画では岸田劉生、梅原龍三郎、また陶磁器では、三代清風与平、初代宮川香山、板谷波山らの作品を展示します。明治から昭和期にかけて活躍した彼らですが、その個性溢れる作品からは、今なお新鮮な息吹を感じとっていただけることと思います。また、食卓を飾るディナーセットやティーセットもあわせて展示します。食生活の洋風化に伴って多様な展開を見せたこれら洋食器の数々は、近年、その優れたデザインが特に注目を集めています。

本展では、新たに当館に寄贈された初公開の作品も多数展示します。在りし日の住友家邸宅を飾った雅な作品や博覧会に出品された華やかな作品などの知られざる名品の数々を、東山の秋景色とともにお楽しみください。

この展覧会に関連する
イベント・ラーニング

関連するイベントはありません