お知らせ
NEWS
【おうこく足跡探訪】第3弾「鷹峯エリア」
2022.10.05

第3弾「鷹峯エリア」の写生を公開!

木島櫻谷(1877-1938)が描いた京都近郊の写生の風景を皆さんといっしょに探すプロジェクト「おうこく足跡探訪」。折り返しとなる第3弾は「鷹峯(たかがみね)エリア」です。自然豊かな洛北の地、鷹峯の周辺が描かれた写生3枚と、櫻谷のメモによる写生場所の手がかりを公開します。

*これは泉屋博古館と櫻谷文庫が進めてきた共同調査の一環で、その成果の一部は今秋泉屋博古館にて「特別展 木島櫻谷―山水夢中」のなかで公開されます。

鷹峯1

櫻谷文庫蔵

★手がかり★
・明治39年(1906)11月
・画塾の仲間と鷹峯村・梅ヶ畑方面へ出かけたときの写生

鷹峯2

櫻谷文庫蔵

★手がかり★
・明治38年(1905)10月23日
・鷹峰から梅ヶ畑村に向かう途上
・「中郷村にて写す」中郷村は当時の通称か
・このあと菩提の滝の下流を描いている

鷹峯3

櫻谷文庫蔵

★手がかり★
・制作年不明 12月2日
・「菩提滝」
※画面中央下部は欠損
→年月を経た写生帖は劣化も進んでいます。今年度、住友財団の助成で写生帖の修復がおこなわれています。ただし、それは全体の一部で、まだ多くの写生帖が修理を待っています。

写生と同じ景色を見つけたら・・・

【調査報告のながれ】
①木島櫻谷の写生と同じアングルで写真を撮影してください。
②撮影した写真撮影場所を対象のSNS(Twitter、Instagram、Facebook)で投稿してください。撮影場所は、できるだけ詳細にお知らせいただけると助かります。
③投稿には必ずハッシュタグ「#おうこく足跡探訪」をつけてください。ハッシュタグをお忘れのまま投稿されると、調査結果に反映することができません。

【お願い】
・撮影場所について、GPSの位置情報がつけられる場合はつけて投稿ください。(調査は公開されますので、個人情報に触れない範囲でお願いします)
・投稿について確認させていただく場合があるため、プロジェクト期間中は泉屋博古館のSNSをフォローいただけると助かります。

泉屋博古館SNS(Twitter、Instagram、Facebook)でも募集中です。みなさまのご協力をお待ちしております!
Twitter: https://twitter.com/senokukyoto
Instagram: https://www.instagram.com/senokuhakukokanmuseum/
Facebook: https://ja-jp.facebook.com/SenOkuHakukoKan